ワキガ 手術

ワキガの手術・傷の残らない方法・痛みと入院・イナバ式皮下組織削除包

傷跡の残る昔の手術法

ワキガを無くすにはにおいの元となるアポクリン汗腺を取り除く外科手術しか方法はありませんが、手術方法の工夫により最近では傷跡が残らない方法も出てきています。
しかし、以前は皮膚を取り除く方法しか無く、傷跡が残ってしまう事もありました。
現在ではワキガの原因となるアポクリン汗腺のみを切除する方法が取られていますが、昔はその周辺の皮膚を根こそぎ取り除く為傷跡が残り、皮膚が引きつれる事がありワキガ手術をした後も苦痛を強いられていました。

 

ワキガの原因となるアポクリン汗腺の周辺を皮膚ごと切除する方法は、範囲が小さいときには皮膚が引きつれる事も無く、確実に汗腺を取り除く事が出来るので有効ですが、ごく小さな範囲でも傷後が残る為トラブルが多いのも事実です。
この方法は現在も病院によっては行われている事があり、処置の仕方によっては引きつれや傷跡が残る場合も有るのです。

 

女性の多くは脇の下に傷跡が残る事を嫌う為、その人達のニーズに合わせて傷跡が残らない皮膚を切除しない方法も開発されてきました。
表面の皮膚は切除せず、わずかな穴を開けた後、皮膚の下にあるアポクリン汗腺のみを取り除く方法で、専用の器具を穴から挿入し手探りで汗腺を取り除く方法などが行われました。
その他には、アポクリン汗腺は目に見えて確認できる為、小さな穴から汗腺部分をひっくり返し、目視して一つ一つ取り除く方法があります。
余分な皮膚を取り除く必要が無い為傷が少ない利点がありますが、裏側にある皮膚を完全に剥がしてひっくり返す事には変わりないので、その部分が完全に元に戻るまでは多少の時間を要します。

 

ワキガ手術の場合は、どの方法にしろ、皮膚を剥がす作業が必要で、その部分を圧迫して固定する必要があります。
また、出血の量も多くなる事があり、術後はある程度の制限が課せられることになります。

 

わきがの消臭デオドラントでクリアネオという商品があります。

 

デオドラントとしてとても優秀でおすすめです。

 

>>クリアネオの口コミ

 

他のサイトで紹介

 

皮膚を切り取らない手術を開発

以前のワキガの手術方法は皮膚を取り除く方法でしたが、皮膚が引きつれる事や傷口が残る事から改良が求められました。
そこで登場したのが、皮膚を切り取らない手術方法で、皮膚の下にあるアポクリン汗腺のみを取り除く方法です。

 

皮膚の一部を切開し穴を開け、専用の器具を入れてアポクリン汗腺をかきだす方法と、その穴から裏の皮膚をひっくり返しアポクリン汗腺を目視して取り除く方法が考えられました。
表面の皮膚をまるごと切除しないので傷口はかなり小さくなりますが、皮膚の下の組織部分を剥がす事が求められるのでその部分を圧迫固定し傷の回復を待たなければなりません。
一度剥がされた組織はある程度の期間が無ければ回復しませんし、皮膚の下にはたくさんの血管が有るため出血がひどくなる事があります。
また、圧迫固定の措置が十分でなければ、組織がくっつく事が出来ずに壊死してしまう恐れもあります。

 

穴を開けてアポクリン汗腺をかきだす方法は、手探りで行う為余分な組織まで傷つけてしまう恐れがあり、表面皮膚を傷つけない代わりに内部組織を多く破壊してしまう可能性もあります。
それとは違い、皮膚をひっくり返してアポクリン汗腺を目視し、ひとつひとつ確認しながら切除する方法は内部組織を必要以上に傷つける事はありません。
しかし、皮膚をひっくり返す事で組織を引き剥がすのは一緒ですから、回復には同様の期間が必要となります。

 

これらの皮膚を切り取らない方法は、表面的な傷を残さず、皮膚の引きつりを避ける為には有効ですが、非常に難易度の高い手術方法で経験の高い施設で行わなければ危険性は高くなります。

 

 

アポクリン汗腺を摘みとる手術

ワキガの原因となるアポクリン汗腺は目で見ることができ、皮膚の下に存在している事から、その部分を露出させれば取り除くことは可能です。
ワキガの手術方法には、アポクリン汗腺の部分を皮膚ごと切り取る方法もありますが、人によってはその箇所の範囲が違う為、皮膚のひきつれが起きる場合があります。
その点、アポクリン汗腺を目視して取り除く方法は、小さな穴を開けて内部をひっくり返し、直接アポクリン汗腺を確認しながら切除できるので皮膚の引きつれは起きにくい方法で剪除法とも呼ばれています。

 

切除する方法は様々で、脇の下の部分を直線的に切開する方法などがありますが、この方法の利点は直接アポクリン汗腺を確認し切除できる点です。
アポクリン汗腺を直接確認すると、必要な部分のみを取り除く事が出来、不必要な組織は破壊してしまう恐れはありません。
しかし、組織を引き剥がす事には変わりなく、その部分を圧迫固定し、組織がくっつくまで期間を要します。
手術方法は簡単な方法に思えますが、剥がした組織をくっつけるのが容易でないことが多く、処置が悪ければ内部組織はくっ付く事が出来ずに壊死してしまう事もあります。
その為、今でも皮膚組織をまるごと切除する方法が取られている所もあります。

 

剪除法で取り除く方法は、アポクリン汗腺を確認する事ができ、ワキガでない人はアポクリン汗腺がほとんど見られません。
この方法で完全に手術前の状態に戻すには、約2ヶ月程の期間を必要とし、2〜3週間くらいは腕を動かす事は困難となる場合もあります。
内部組織を引き剥がす事が必要ですので、多少の引きつれ感があり、色素沈着がしばらくの間は残る事になります。

 

 

イナバ式皮下組織削除法

ワキガ手術方法にイナバ式皮下組織削除法というものがありますが、この方法は稲葉氏によって開発された方法で、専用器具でアポクリン汗腺をのみを取り除き、同時に適度な強さで外部から圧迫することが出来る方法です。

 

アポクリン汗腺を切除する方法には、手探りで汗腺を取り除く方法と、内部をひっくり返し目視して切除する方法がありますが、この方法は熟練した技術が必要で難しい手術方法でもありました。
しかし、このイナバ式皮下組織削除法は特殊な器具を使う事で、アポクリン汗腺を取り除く時の力加減がちょうど良く、同時に圧迫も出来る為、力加減を間違い皮膚を取りすぎる事は無くなりました。
皮膚組織を引き剥がす方法は、その後の措置が悪ければくっ付かない事もあり、患者に苦痛を与える事となりかねない手術方法でしたが、イナバ式皮下組織削除法では独自の圧迫固定法を行い適切な処置を行う事ができます。
圧迫している期間も軽減され、早くて3日程度で済む事が報告されています。

 

この方法が用いられると患者の苦痛が軽減され、術後の直りも早い方法ですが、内部組織を引き剥がす事には変わりなく、適切な方法で行わなければなりません。
また、イナバ式皮下組織削除法はどこでも受けられる手術方法ではありませんので、全ての人が利用できるわけではありません。
しかし、傷跡や術後の直りから考えてもワキガの手術を軽減してくれる方法ですから、納得の出来る説明を受けた上で利用できるなら考慮してみる価値はあるかも知れません。

 

 

わきが手術の痛みと入院

ワキガ手術をする場合は必ず多少の痛みがあり、入院が必要となってきます。
また、手術をする事で時間的な事や、日常の行動にも制限が出てきてしまう為、患者にとって苦痛であり忙しい現代人にとってまとまった休みが取れない現実もあり、ワキガ手術を断念しなければならない人も居るでしょう。

 

ワキガの原因であるアポクリン汗腺を皮膚ごと取ってしまう手術方法や、皮膚の一部を切開し内部組織をひっくり返してアポクリン汗腺を目視しながら削除する方法などでは、術後回復するまで多少の日数が必要ですし、入院も数日程度必要な場合がほとんどです。
この方法は、完全にワキガの原因となるアポクリン汗腺を削除できるので効果的な方法ですが、それと同時に通常の汗をだすエクリン汗腺も取り除いてしまう恐れがあります。
その為、手術後はまったく汗がかかない状況になったり、皮膚を取り除く場合では脇毛が生えてこない状況になる恐れもあります。
まったくの無臭を希望で、脇毛が生えてこなくても良い女性ならこの方法でも良いのですが、男性の場合は脇毛が生えてこない事や円形脱毛症のようになってしまうと問題が有る場合もあるでしょう。
また、これらの方法は費用もかかりますから、アポクリン汗腺を完全に取り除く手術よりは、超音波で破壊する方法の方が手軽に行う事が出来ます。
この方法はアポクリン汗腺を完全に取り除く事は困難ですが、逆に多少のにおいが残っていた方が人間らしく自然でもあり、費用も安く入院などの苦痛も軽減する事が出来ます。